教育方針

在園中のお子様が感染症にかかった場合、他の園児へ感染する恐れがある期間は登園を控えて頂いております。医師の診断及び治療後、登園するには「登園許可書」を医師に作成して頂き、園に提出してください。

登園許可書が必要な疾病

水痘、インフルエンザ、流行性耳下腺炎、百日咳、咽頭結膜熱(プール熱)、風疹、麻疹、結核、流行性結膜炎(はやり目)、溶連菌感染症、腸管出血性大腸菌(O-157)、手足口病、感染性胃腸炎(ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス)、ヘルパンギーナ、伝染性紅斑(りんご病)、マイコプラズマ肺炎、ウイルス性肝炎

※とびひや水いぼ、頭シラミ症等は発症した場合、必ず園に連絡を頂き、医師の許可のもと登園させて下さい。